最近、WEBサイトやWEBページといった言葉をよく聞くようになりました。どのような意味があるのでしょうか?

注目を集めるWEBマーケティング

WEBの語源と意味について

WEBとは、ワールドワイドウェブの略で、世界中に広がる蜘蛛の巣とういう意味があります。WEBは様々なテキストや動画、画像を編集、レイアウトしてネットワーク上にページを作成する事ができ、また簡単に閲覧する事ができます。それぞれページに関連する外部サイトのリンクを設置しておくこともできます。リンクを利用することにより、世界中と繋がっていけることから蜘蛛の巣という単語が使用されたようですね。

WEBページとは、今閲覧している1ページごとの事を言います。また、WEBサイトとは、たくさんのWBページを集約したサイトの事をいいます。そして、WEBを閲覧するための機能、WEBブラウザを立ち上げた時の最初のページをホームページと言いますが、最近では、全てを総称してホームページと呼ぶ場合もあるようです。日本ではホームページという呼び方が一番親しみ安かったようですね。

知らず知らずのうちにWEBをすでに利用していた方が殆どかと思いますが、仕組みを理解していると、今まで以上に便利に利用できるかもしれませんね。近年、企業やお店の情報を調べたり、クーポン等もWEBで公開している所も増えました。そのような情報をうまく活用していきたいですね。

オススメサイト